Staff監督・スタッフ

監督
堀 潤Hori jun
1977年7月9日、兵庫県生まれ。アナウンサーとして日本放送協会(NHK)入局。岡山放送局での勤務を経て、「ニュースウォッチ9」リポーター、「Bizスポ」キャスター等、報道番組を担当。2012年、市民ニュースサイト「8bitNews」を自ら立ち上げる。2012年6月、アメリカ合衆国カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に客員研究員として派遣され、SNSの活用などを研究。留学中に日米の原発事故報道を追った『変身 - Metamorphosis』を制作。2013年4月1日付でNHKを退局した。フリー転身後は、ジャーナリスト・キャスターとして数多くのテレビ・ラジオ番組等に出演する一方、インターネットテレビ、SNS、執筆活動などを通じて、精力的に発信を続けている。
プロデューサー
馬奈木 厳太郎Managi izutaro
1975年、福岡県生まれ。大学専任講師(憲法学)を経て、弁護士登録。「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟弁護団で事務局長を務めるほか、福島県広野町の高野病院の原発賠償事件、演劇界の#ME TOO事件、大槌町旧庁舎解体差止事件、N国党市議によるスラップ訴訟事件などを手がける。また、ドキュメンタリー映画『大地を受け継ぐ』企画(井上淳一監督、2015年)、ドキュメンタリー映画『誰がために憲法はある』制作(井上淳一監督、2019年)、ドキュメンタリー映画『ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記』製作協力(平良いずみ監督、2020年)を務めた。
脚本
きたむら けんじKitamura kenji
1973年生まれ。劇団東京フェスティバル・主宰/劇作家/演出家/放送作家。社会的題材を人情喜劇として描くことに定評がある。東日本大震災後の福島県を描いた「泡」は、福島中央テレビ主催で県内4都市ツアー公演。「幸福な職場」は、テレビ朝日とエイベックス・エンターテイメントの主催により世田谷パブリックシアターで上演。水戸芸術館「イワンのばか」(原作:トルストイ)では脚本担当。ラジオ番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」「JAM THE WORLD」「STEP ONE」「JUMP OVER」の構成担当。黒木啓司(EXILE)主演のテレビドラマ「ムッシュ!」(TBS)、「1964東京オリンピック/オリンピック招致にかけた男たち」(NHK)、「平成ばしる」(テレビ朝日)の脚本担当。
音楽
青木 健Aoki ken
1980年生まれ。東京都出身。前作『変身 -Metamorphosis』(13/堀 潤監督)のエンディングに「想い出す頃」を楽曲提供。TVドラマ『こえ恋』(16/テレ東)のさくらしめじが歌うオープニング「ひだりむね」の作詞作曲、キユーピーラジオCMや『まいにちドイツ語』(NHKラジオ第2)のBGM制作などを手掛ける。映画では『ポンチョに夜明けの風はらませて』(17/廣原暁監督)のギター指導及び音楽を作曲家渡邊崇と共同制作、『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(17/石井裕也監督)では劇伴のギター演奏を担当、『108〜海馬五郎の復習と冒険〜』(19/松尾スズキ監督)では劇中にカホン奏者として出演している。シンガーソングライターとしても『Aoki Ken』、『ONKEI』と2枚のオリジナルアルバムをリリース。
コピーライター
阿部 広太郎Abe koutaro
1986年生まれ。「企画でメシを食っていく」主宰。コピー、作詞、脚本などの「言葉」を企画し、エンタメ領域からソーシャル領域まで境界を越えてコンテンツのプロデュースを行う。シンガーソングライター向井太一「君へ」「FLY」「Blue」「空 feat. SALU」共作詞。さくらしめじ「先に言うね」「お返しの約束」「同じ雲の下」作詞。映画『アイスと雨音』『君が君で君だ』、舞台『みみばしる』プロデュース。ソーシャルエンターテインメントの「ダイアログ」シリーズのクリエーティブディレクション。ドキュメンタリー番組「ベッキーと未知との対話」企画・プロデュース。著書に、『待っていても、はじまらない。―潔く前に進め』(弘文堂)。
編集
高橋 昌志Takahashi masashio
1966年北海道生まれ 岩手県育ち、愛犬家。ツインエンジン愛好家であり、ディレクター。学生時代からテレビ番組制作に関わる。各社の情報番組や報道番組の企画コーナーを担当する傍ら、Jリーグ中継や様々なスポーツ中継を担当。現在、TOKYO MX「モーニングCROSS」総合演出として、監督 堀 潤とタッグを組む。